トリエステの街の魅力:

  • 作家: Joyce, Rilke, Svevo, Saba, Magris, Heinechen
  • 歴史のあるカフェ
  • 海と穴場の砂浜
  • カルソの自然散策
  • ミラマーレの城とハプスブルク家の宮殿
  • 現代美術史
  • ヨット
  • ユダヤ教の礼拝堂と正教の教会
  • 科学

アドリア海に面し、イタリアとスロベニアの間に位置するトリエステは、独特な雰囲気の街です。

SvevoとJoyce: トリエステの観光なら、Svevoの歴史が残る場所からスタートしましょう。ゼノ、エミリオ、アルフォンソ、アンジョリーナのような数多くの作家を輩出したこの街は、現在も昔ながらの街並みが大切に保存されています。カフェや劇場に入るとき、道や広場を歩けば昔に戻った気分になります。カフェ・サン・マルコ、ヴェルディ劇場、防波堤、図書館などに行ってみましょう。

新旧の芸術作品が見られる美術館

空と海に囲まれた地で、小道、庭園、洞窟などの散策はいかがですか?また徒歩でイタリアとスロベニアの国境を渡ってみたり。教会などの建造物や現地の郷土料理に酔いしれてみましょう。

太陽と海。街の穴場の砂浜を訪れてみましょう。

美食

トリエステの大きな魅力のひとつは、古くから多様な人種が移住し、様々な文化が混ぜ合わさっている点です。それは食文化についても言えます。オーストリア系、スラブ系など、中部ヨーロッパを中心とする人種の文化が、トリエステの食に反映されています。ザワークラウト、西洋わさびと食べる豚肉、ハム、ソーセージはこの地域の名物です。また、ホタと呼ばれるスープもお勧めです。豚の皮、じゃがいも、いんげん豆、キャベツなどから出来ています。さらに、パンのニョッキや、プラム詰めの生ハムなども有名です。

ヴェネトの食とワイン

ヴェネトの食といえばまずはブロデットでしょう。魚をベースにしたスープです。チコリやルッコラを用いたサラダも大変美味です。地元ワインは、DOCの認定を受けているテッラーノが有名です。この赤ワインは、1986年からあり、強い味わいが特徴です。地元のレストランに行けば、カルソ地方の様々なDOCワイン(例えば、赤のMalvasiaや白のVitovska Garganjaなど)を味わうことができます。

高原地帯

高原地帯の農民らは、皇帝支配下時代の、自らが生産した農作物は年間で8日間しか自由に売ることができないという命令の名残で、オスミッツェと呼ばれる催事を行います。そこでは、ワインや郷土料理(チーズやハチミツなども含む)を味わうことができます。

ドルチェ

トリエステには、オーストリアで有名な洋菓子店がたくさんあります。ストゥルーデルなどを味わうことができます。

祝祭日のデザート

復活祭の時期には、ピンツァという菓子パンが作られます。古くから作られているパンですが、現在でも数多くの家庭で作られています。家庭によって、若干作り方が違うのが特徴です。また、カーニバルの時期には、フリートレというドーナツのようなお菓子を食べます。アーモンドの香りが特徴です。

カフェ

様々な人が行き交うカフェは友人とのおしゃべりや、自習に最適な場所です。ズヴェーヴォやサーバなどの作家もここで活動していました。

ニュースレター

パンフレット

it es uk de fr cn jp br ru tk

Back to top